視覚障害ある人もボッチャ出来る!ブラインドボッチャ・タッチボードを紹介! | 新品・中古・レンタルのボッチャ専門店 ボッチャアディクト

ボッチャ専門店 ボッチャアディクトへようこそ!

10000円以上ご購入で送料無料

Blogブログ

2019/11/06 22:32


視覚障害ある人もボッチャが出来るタッチボードの紹介です。

持った感覚はタブレット端末のようなもの。

縦長の長方形に、凹凸があり、ボッチャコートの形をしております。

拡大してみましょう。

画像では分かりにくいかもしれませんね。

凹凸により、サイドライン、Vライン、スローイングボックスなどが表現されています。


白と赤と青のピンをアシスタントがボード上に刺すことで、選手は位置把握ができる仕組みです。

ジャックボールを投球してみましょう。

このようになります。真ん中にジャックが投球された状態、というわけです。

ピンの形は赤、青、白で異なっており、指で確認できます。

赤ボールを投げてみましょう。

赤が投球されました。続けて青といきましょう。

青が投球されました。

人生ゲームの車に刺すような感覚でピンを刺していき、コート上の様子を触覚で分かるようになるのです。


知人に視覚障害ある人がいまして。

このタッチボードを使って、プレーしてもらいました。

「これはいい!ボールの位置が分かる!!」と喜んでくれました。


海外ではブラインドボッチャなるゲームが1ジャンルとして成立しているそうです。

目の見える人が、アイシェードを使うのもいいかもしれないですね。


視覚障害ある人も、ボッチャの輪に加われるブラインドボッチャ・タッチボード。

日本でもメジャーになることを願っております。


ご購入を検討の方はこちらをご覧ください。