ボッチャボールを安く手に入れる方法 | 新品・中古・レンタルのボッチャ専門店 ボッチャ屋

Blogブログ

2019/03/24 19:58


ボッチャボールは高いですよね。

こちらの記事は「ボッチャ専門店ボッチャ屋」の記事です。

ただ、こちら内容に関しましては商売抜きで書いていきます。
※ただ最後にお店の宣伝だけさせてください。

自作する

自作するのが最も安上がりです。

本気で頑張ればこのくらいまで自作できます↓


これ手作りなんですよ。
「ボッチャボール自作教室」でネット検索してみてください。
ブログで無料公開されています。

ブログオーナーによると、革から購入して手縫いで作ったそうです。


自作されたい方のために、ボールの構造を載せますね。

こちら某有名メーカーのボッチャボール。
これを解体します。



公式ボールは12面のパネルを手縫いで縫い合わせて作られています。

素材は合成皮革が多いですね。
有名素材は日本の帝人コードレです。

中にはプラスチックのペレット(粒)が入っています。





上の画像がボッチャボールの全て。

自作する場合は、表皮とペレットがあればいいわけです。

実は似た構造なのがお手玉。
お手玉をもっと球体に、中身をぎゅうぎゅうに詰めるとボッチャに近づきます。※サイズが違いますが

自作する その2


ガチャガチャのカプセルをネット通販等で購入しましょう。

直径10センチの透明カプセルがオススメです。
※楽天やヤフーショッピングで販売されています。

カプセルに手芸屋さん等で販売されているペレットを入れます。
※ペレットの費用を節約したければ米粒でもいいでしょう。

カプセルの周りをゴムで巻きます。


このようなゴムですね↑

ゴムを巻いた後に、上からビニールテープを巻けば完成です。



・予算2万円以下

ボッチャボールを手作りしようと思う方は、こちらを検討してみてください。
こちらです。

ユニボッチャ「ロトロ」という製品です。

なぜオススメかというと、まず値段。
19800円なのです。

そして投げ心地が素晴らしい。

6万円以上するハンディライフ上級モデルに近い投げ心地。
メーカーさんに聞くと、上級モデルに近づくよう研究を重ねたとのこと。

19800円なのに、なぜ上級モデルに近いのか。
それは外見に理由があります。

こちらご覧ください。
左がロトロ、右が公式球です。

ロトロは一回り小さいですよね。
また縫い目がなく、つるつるです。

ボッチャボールは通常合成皮革を使うのですが、こちらゴムに近い材質を使用しコストダウンを図っております。

ゴム質のおかげで手洗いできて、屋外でも使えます。
縫い目があるボールは破れたり、中の粒が出てくる可能性ありますが、ロトロにはない。

「公式球サイズでなくて構わない」という方は、このロトロを検討されてはいかがでしょうか。

専用バッグと計測具もついてきますよ。


バッグ、計測具、屋外でも使えるボールついて19800円。
手作りを検討されている方、公式サイズにこだわらない方にオススメです。

他にもAmazonや楽天で2万円前後で販売されているのがあります。

中でも帝人コードレ使用のボールがいいでしょう。

「帝人コードレってなに??」
と思われる方に説明しますと某有名ボッチャメーカーが使用しているのが帝人コードレなのです。

帝人コードレは、サッカーやバスケットボールにも使用される耐久性に優れたメイドインジャパンの合成皮革。
私の知る限り「帝人コードレ使用」と謳うボールなら大丈夫でしょう。

ボッチャボールには買ってはいけない地雷ボールもあるのです。
実名挙げると怒られると思うので、遠回しに言いますが、Amazonで売っているレビューが英文ばかりのボールは地雷です。

いがぐりのようないびつさと硬さで使用不可と呼べるもの。
コレでボッチャしても全く楽しくありません。
値段もいい加減で2万円台で売ってたり、4万円になったり。
お気をつけください。


・予算3万~4万円

最近では「このボールは柔らかい」とアピールするメーカーが増えてきました。
ボールで大事なのは、柔らかさだけではありません。

キレイな円球になっているのかも大事。

そんな中、サンラッキー製は良い方です。


そこそこの柔らかさで、直進性は悪くはない。
学校でよくみかけるこのサンラッキー。

ネットでも2万円代前半でみかけます。

購入される場合の注意点を。
必ず「サンラッキーボッチャゲーム用ボールセットⅡSRP-540」を買ってください。


サンラッキー製はボールセットⅠSRP-520もあるんです。

Ⅱは28000円+消費税、Ⅰは25000円+消費税です。
価格差はⅡが3000円高いですが、俄然オススメはⅡです。

ネットショップではⅠ(SRP-520)の画像を使い、Ⅱを売っているお店もあります。
お気をつけを。

しつこいですがオススメはSRP-540のⅡです。

学校のカタログ販売やAmazonや楽天、地域にあるスポーツ用品店から取り寄せができます。


もう少し予算余裕ある方はこちらを。
ハンディライフ社のボッチャベーシックセットです。

ハンディライフは老舗ボッチャメーカー。
世界80カ国に輸出し、ボッチャ創業時からボールを作り続けています。

例えるなら「ミズノ」や「ナイキ」のようなもの・・かな。
ボッチャボールの大手と言えばハンディ社です。

ハンディ社は競技者向けの上位モデルを沢山作っております。

あとこのハンディ社は開発マニア。

リオ、6パネル、スエード、スーパーソフト、天然レザー、シャイン・・とやたら多い。
「ボール開発が趣味なんじゃないの?」と思えるほど意欲的なメーカーなのです。

そのハンディライフ廉価版がこちらベーシック。
素材は牛革。
使い込むほどに柔らかさが増していき扱いやすくなっていきます。

転がりやすいボールで試合展開が二転三転しやすいのも特徴。

学校や施設等でみんなでワイワイやるに適しているボールです。


【メジャーはなくてもOK(安く仕上げたいなら)】


「お安くする」という意味で語ります。

専用メジャ-とはこちら。

専用メジャー付きで高いセットありますが。
ぶっちゃけた話、メジャーは100円ショップのメジャーで代用しましょう。

もちろん専用の方が便利ですし、大きな大会開催する場合は必要です。

ただ仲間ウチで楽しむくらいなら、特に必要のないものです


【キャリパーは一本で充分】


キャリパー(コンパス)はこちら
コンパスは一本あれば大丈夫です。

100均のメジャーとコンパス一本。
審判用具はこれで充分。

もしキャリパーを代用したい場合は、ホームセンターで金属製コンパスがあります。

1500円くらいだった・・はず。
名前は「スプリング付きコンパス」
メーカーは新潟精機株式会社です。

【審判パドルは100均で!】


審判用パドルは100円ショップで買いましょう。
セリアで販売されている卓球用ラケットがオススメです。


表裏が赤と青になっています。

自作するのも方法ですが、100円ショップで買った方が早いかと思います。
もっと言えば審判パドルなくてもいいんですけどね。

最低限必要なのはボールセット。
次にキャリパーがあれば便利。

メジャーとパドルは100円ショップで済ませましょう。


・レンタル

「借りる」という手もあります。
お近くの体育館・市役所などでボールが借りられる場合も。

都道府県のスポーツ協会、体育協会、社会福祉協議会に問い合わせてみてください。

2020年の東京パラの関係で、先述のロトロなんかは、かなりの数が全国へ配られています。
お住まいの市町にもあるはずですよ。


・中古で買いたい

ヤフーオークション、メルカリで探してみてください。
数は多くないですが中古ボールを個人で売っている場合があります。


最後に宣伝です


ここまで読んでいただきありがとうございました。
最後、私はお店もやっておりますので、宣伝させてください。

ボッチャ屋というボッチャ専門店でやっております。
レンタルやっております。
たまにですがアウトレット・中古品も出ます。

よろしければ覗いてみてください。