ボッチャボールを安く手に入れる方法 | 新品・中古・レンタルのボッチャ専門店 ボッチャアディクト

ボッチャ専門店 ボッチャアディクトへようこそ!

Blogブログ

2019/03/24 19:58


ボッチャは道具が高いのが難点です。
最近では1万円台のボールも見られるようになってきました。

ただ。

安いモノはそれなりの性能しかありません。
高いモノは高いだけの理由があります。

こちらは「ボッチャ専門店 ボッチャアディクト」

手作りがいいなら、私の知る手作り情報をお渡しします。
レク目的なら、最適なレクボールを紹介します。
競技者になりたいなら、特化したボールを紹介します。

納得のいくお買い物をしてください。
それが「最安値」だと思うのです。


・手作りの場合

私自身、ボッチャ歴は10年あまり。

最初は手作りからはじめました。


試したのは、ガチャガチャのカプセルです。楽天、Yahoo!ショッピングで10㎝のカプセルを購入。

ここに砂を詰めました。


ビニールテープで固定しました。カプセルが割れないように、ホームセンターで1㎝厚のゴムを購入。

グルグル巻きにしてボールの形にしたのです。


さて、その結果。


ボールがやたら転がります。

子どもが思いっきり投げたら割れました。

見た目チープで雰囲気が出ない。


本当にお金がない、でも時間はある。

こういった場合は手作りもいいかと思います。それ以外は個人的にはオススメはいたしません。

ただ。

「なるべく経費を抑えたい」
「本物の公式球でなくてもいい」

そんなニーズの方にオススメボールがあります。
こちらです。

ユニボッチャ「ロトロ」という製品です。
Amazonや楽天などでよくみかけます。地方自治体に沢山配られてもいますね。

こちらボッチャ公式球ではありません。
サイズが小さく、縫い目もない。
左がロトロ、右がハンディライフ社製の公式球です。

画像でみると、ロトロってオモチャみたいな印象受けると思います。

ただ私は感動しました。
最初は「なんじゃこれ?」と思ったんですけどね。

投げたときの感触、転がり具合が素晴らしい。

見た目チープです。握った感触も良くはない。

ただ肝心の楽しさ、競技性といいましょうか。
高級なボール類と比べても遜色ない。

「とにかく予算がない」
「公式球はいらない」

そんなニーズの方はロトロ一択だと思います。

Amazonなどでもロトロと同じくらいのボール売ってはいます。
実物みたことありますが凸凹過ぎる、硬すぎる。

確かに大きさ、重さは公式試合準拠なんですけどね。

肝心のボッチャの楽しさに欠けているのです、安価なボールは。

「頑張ったら上達できる」
これがスポーツの楽しさの一つだと思うのです。
安価なボールは運任せになり、努力の甲斐がない。

予算2万円以下なら、ロトロをオススメします。

ロトロは当店ではまだ扱いがありません。
Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買えますので、そちらでどうぞ。


・予算2万~3万円の場合

「予算3万円以下」という人は多い気がします。
ニーズ多く製品乱立しているのがこの価格帯。

私も全製品見てきたわけではありませんが、サンラッキー製のボールは良いと思いました。


そこそこの柔らかさで、直進性は悪くはない。
サンラッキー社では改良して柔らかくしたそうです。

購入される場合の注意点を。
必ずサンラッキーボッチャゲーム用ボールセットⅡSRP-540を買ってください。

サンラッキー製はボールセットⅠSRP-520もあるんです。

Ⅱは28000円+消費税、Ⅰは25000円+消費税です。
価格差はⅡが3000円高いですが、俄然オススメはⅡです。

ネットショップではⅠ(SRP-520)の画像を使い、Ⅱを売っているお店もあります。
お店側に悪意はなく、見間違いだと思うのですがお気をつけを。

オススメはSRP-540のⅡです。

こちらも当店は扱っておりません。
Amazonや地域にあるスポーツ用品店から取り寄せができます。


・予算4万円以下

やっと当店の商品紹介できます。
4万円以下ならこちらです。
ハンディライフ社製スタンダードモデルです。

ハンディライフ社はデンマークにある老舗ボッチャメーカー。

ボッチャ黎明期には、良いボールといえばハンディライフ。
日本一有名なボッチャ選手広瀬選手も、ハンディライフのスエードモデルを使っているようです。
画像でみたところ。

このスタンダードモデル、使うほどに柔らかさが増していきます。

ボッチャは一定の柔らかさがあった方がいいのです。
ピタッと止まり、直進性が高い。

このスタンダードモデルは、ナイロンバッグ入りで付属品はパドルのみ。
パドルは正直チープです。

ボール本体に予算をつぎ込んでいると私は解釈しています。
皺加工があり、グリップ力はこの価格帯では合格点。
直進性も良し。

硬めのボールであり、ゲームでは弾き飛ばすことが容易。
弾き飛ばしやすいと一発逆転が増えていきます。
エキサイティングなゲームになるのですね。

競技向けではありません。
このボールで日本選手権で勝つのは困難。

レク・学校・施設などみんなで使う用途に最適です。

予算3万円以下という方が多いので、このスタンダード滅多にみかけません。

ただ!
もうちょっと予算足してこのボールを手に取っていただきたい。
コストパフォーマンスの良さが分かると思います。

当店では34500円(税込み)で販売しております。※2019年3月現在


・予算6万円以上
こちらのボール多くみかけるのではないでしょうか。
アポワテック社の「コネクト」です。
こちら日本製のボッチャボール。

大きな声では言えないですが、今までの日本製はイマイチだったと思います。
海外の方がボッチャ人口は多く、歴史も深い。

当然の話だったのですが、このアポワテック製は金字塔です。
「日本製はイマイチ」その観念が覆りました。

アップデートを繰り返しているようす。
良い質感であり、使うほどに柔らかくなっていきます。

審判パドル、メジャー、コンパス揃っているのも助かりますね。
ケースはスポンジをくりぬいたもので、ボール同士の接触を防ぎます。

競技性を求めるなら、こちらコネクト以上のボールをオススメいたします。

お値段はAmazonなどで63200円(税込み)となっていました。
アポワテック社のHPからでも購入可能です。
当店では扱っておりません。

・予算6万円以上その②

気がつけば当店の商品まだ一個しか紹介してないですね。
ようやく第2弾です。
こちら。
ハンディライフ社製クラシックモデル青バッグ入り、です。
ハンディライフ社の高級モデルとなります。

私がずっと愛用しているのもこちら。
頑丈で9年前に買ったボールも未だ破れしらず。

使うほどに柔らかさが増していき上達感が味わえます。
良質の合成皮革であり、グリップ力も〇

難点はバッグですね。
柔らかいボールは、形がいがんでいきます。
上の画像は7年前に買ったもの。
柔らかすぎて、バッグに入れたままだと凸凹になります。

手で丸めれば元通りになりますが、めんどくさい。

青バッグ入りの欠点だと思います。

ハンディライフ社製クラシックモデルは当店では68000円(税込み)※2019年3月現在

ハンディライフ社専用メジャーと専用コンパス入りセットは69800円となっています。

専用メジャ-とコンパスはこちら。
メジャーは上部が透明になっており㎝が上から読めます。


先端は金具が上方向に長く的確な計測を可能にしています。

代用は100円ショップのメジャーでも出来るんですけどね。
個人レベル、つまり競技用マイボールとして買いたい人は、ここまでの専用メジャーは不要でしょう。

大会運営者、公式戦ではこのメジャーは必須。
ないと格好がつかないかな、と。

コンパスはこちらです。
ハンディライフ社製コンパスは目盛りつきです。
目盛りはなくても大丈夫ではありますが。高級感があります。

コンパスを代用したい場合は、ホームセンターで業務用の金属製コンパスを買いましょう。
1500円くらいだった・・はず。


・予算7万円以上

「大会に勝ちたい」
「ボッチャを深く深く味わいたい」

そう願う方は、ぜひこちらを手に取っていただきたい。
ハンディライフ社製クラシックモデル・ハードケース入り・ボールチョイス可能

足りないのは、メジャーとコンパスが付属してないこと。
ただマイボールとして買うならメジャーやコンパスは代用品で良いでしょう。

今まで紹介してきたボール全ての長所を備えています。
ハードケース入りでボールのゆがみを防いでくれます。
ボールの硬さをソフト・ミディアムソフト・ミディアムハード・ハードと選択できます。

ボッチャは6球全て同じ硬さである必要はないんです。
硬いボール一球、普通4球、柔らかい一球など持ち分けることが可能。

硬いボールは弾き飛ばし用に、柔らかいボールは白の手前に置く専用に。
そんな使いわけが可能。

日本でこのボールチョイスモデルを使用しているのは、一部の選手のみ。

ボッチャアディクトな私としては非常に悲しい。
硬さの違うボールを使い分ける楽しさ。

「弾き飛ばしたいから、硬いのを使おう」
「前に置きたいから、柔らかいのを」

そういった戦略が可能になるのがこのボール。

「強くなりたい」
そう願う方はぜひハンディライフ社製・ハードケース入り・ボールチョイスを手に取ってみてください。

ボッチャをより深く愛せると思います。


・予算20万

数字が一気に上がりますが、20万のボールもあるんです。
画像がなくてすみません。
ビクトリーボールという韓国製ボールがあります。

こちら天然皮革でグリップ抜群。
日本選手権上位選手の多くが愛用するモデル。

床に張り付くように転がります。

難点は20万円近いお値段と天然皮革。
「天然皮革は経年で伸びる」という報告をもらっています。

性能は極上ですが、お金がかかるのがこのビクトリー。
「ボッチャを極めたい」という方は、こちらでしょう。

ビクトリーは当店で、今後扱っていく予定です。
現在は他社販売ページから購入できます。


・レンタル

「借りる」という手もあります。
お近くの体育館・市役所などでボールが借りられる場合も。

意外とこれ、やらない人が多いようです。

お住まいの都道府県にはスポーツ協会、体育協会があると思います。
「ボール借りられませんか」と問い合わせてみてください。

体育館が所持している場合もあります。

社会福祉協議会が持っていることも。
福祉協議会は貸し出し目的で購入されていると思うのでレンタル可能のはずです。

有料で構わない場合は当店では2019年5月からボールレンタルを始めます。

「イベントで一日だけ使いたい」
「大会のため、大量にボールが必要」
「高級品を試してみたい」

そんなニーズにお応え出来ればと思います。


・中古で買いたい

稀ではありますが、メルカリ、ヤフーオークションで中古ボールをみかけることがあります。

倒産品かなにかだと思いますが、新品・未使用ボールが業者販売されてたり、普通に中古で売っていたり。

運任せですが、メルカリやオークションを狙うのも手です。

使用済みは耐久性が心配かもしれません。
ただ一部の粗悪品、天然皮革製を除けば、破れる・伸びることはまぁ少ないです。

参考までに私が持つ2011年購入のハンディライフ・クラシックはまだ現役です。
アスファルトや土のグランドでも使ったんですけどね。驚異の耐久力。

使用済みでも、使用する分には問題ないかと。
古いハンディライフ・クラシックと最新の2万円台ボールを比較しても、クラシックの方が圧倒的に性能上です。

そんなわけで。
当店でも2019年5月から中古品の取り扱いを始めます。



・まとめ

「公式球でなくて構わない・自作を検討している」→ロトロをオススメします。
「レク・授業で使いたい」→サンラッキーSRP-540かハンディライフスタンダードモデルをオススメします。
「競技用としてほしい」→アポワテックコネクト、ハンディライフクラシックモデルをオススメします。
「硬さを使い分けたい」→ハンディライフ・ハードケース入り・チョイス可能をオススメします。
「極めたい」→ビクトリーボールをオススメします。

「短い間使いたい」→無料なら市役所や体育館などへ。有料可なら当店をご利用ください。※2019年5月から
「中古品でもいい」→メルカリorヤフオクをチェック。当店でも中古品始めます、※2019年5月から