ボッチャで高価なボールと安価なボールの違い | 新品・中古・レンタルのボッチャ専門店 ボッチャアディクト

ボッチャ専門店 ボッチャアディクトへようこそ!

Blogブログ

2019/03/23 21:09


私、店長タナカは最初、硬い安価なボールでボッチャを始めました。

「ボッチャは球を寄せるスポーツだ」と思っていました。


運良くボッチャ強豪チームさんに競技用のハンディライフクラシックモデルを使わせてもらいました。


全然違う。

ピタッと止まる転がり具合、直進性、グリップ力と明らかな違いがありました。


「こっちの方が面白い」と思ったのが一つ。

「ボッチャは戦略のスポーツなんだ」と思ったのが二つです。


高価なボールと安価のボール。

カンタンに言えば柔らかさが違います。


安価なのはラグビーボールがごとく凸凹しています。

この凹凸は揉んでも叩いても、ほぼ変わらず。


どこへ転がるか分からないんです、凹凸ボールは。


反面、競技用は高価ですが、凹凸が少ない。

手で丸めることにより、中のビーズを動かせます。

次第に球体になっていくのですね。


「ボッチャの達人になった」

そんな気持ちになれるのが、競技用ボールの良さです。


当店、ボッチャアディクトでは最低ラインが3万円台のハンディライフスタンダード。

こちら、硬めですが使えば使うほど、揉めば揉むほどに柔らかくなっていきます。
概ね狙い通りに転がります。

2万円台のボールも販売されてますよね。
悪くはないのですが、ご予算許されるのならこのベーシックモデルを触ってほしい。

正直な話、これ以下を買うなら「ロトロ」という19800円のボールが一番なんじゃないかと思います。
※ロトロは公式球ではありませんのでご注意ください。当店では扱っておりません。

話逸れました。

競技用ボールは当店で言えばクラシックモデル以上を言います。
こちらピタッと止まり、直進性良し。

頑丈でもあります(個人の感想です)

ボッチャを深く楽しむにはこのモデルが最適。
ご予算許されるなら。ぜひこちらを使っていただきたい。

ボッチャをディープに愛するボッチャアディクトにきっとなれます。

面白いですよ、ボッチャ。