1/13

【キャリパー&メジャー付き】【硬さミックス注文】ハンディライフ クラシック in ハードケース ☆店長オススメ

¥83,500 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

¥9,500以上のご注文で国内送料が無料になります。

ハンディライフスポーツ社製のクラシックモデルです。
※正式名は「ハンディライフクラシック12パネルモデル」と言います。

・収納はハードケース
・キャリパーとメジャー付き
・ボールの硬さを個別に指定できるミックス注文

となっております。

商品をアプリでお気に入り

《ハンディライフクラシックとは?》

ハンディライフクラシックはパラリンピック選手も使う本格的なボッチャボールです。

しかも。

2022年7月に改良が行われ、形がより良く(丸く)なりました。

「クラシックは曲がりやすい」と評価される時期ありましたが、それは過去の話。

最新モデルは直進性がアップ。
「この価格でこの性能はスゴい」と思える一級品に仕上がっています。

《ハンディライフ社主力商品です》

ハンディライフスポーツ社のボールは以下のラインナップがあります

【低価格帯】
・ニュースタンダード
・スタンダードPro

【高価格帯(競技用)】
・クラシック
・6パネル
・シャイン
・スエード

クラシックはハンディライフ社の主力商品です。

最新技術が詰め込まれている世界的ベストセラーであり、国内にも多くユーザーがいます。

ハンディライフ社ボールで何を選べばいいか迷われたのならクラシックをオススメいたします。

《重要:良いボールの条件》

ボッチャボールの大前提ですのでぜひお知りおきください。

良いボールとは丸いボールです。丸いと真っ直ぐ転がるからです。

丸さが大事なのはサッカーボールとラグビーボールを比べると分かりやすいと思います。

真っ直ぐ転がるのは丸いサッカーボールですよね。

ボッチャボールも同じで丸いほど真っ直ぐ転がります。

ここで重要なのはボッチャボールは基本丸くないのです。

《丸いようで丸くない》

ボッチャボールが丸くないのは手縫いだからです。

「手縫いで完璧な球体を作る」というのは不可能であり完全に球体のボッチャボールは存在しません。

言い換えれば、相手より丸いボールを持っていればそれだけ有利になります。
アスリートは少しでも丸いボールを求め、メーカーはそれに応えようとします。

ここで。

ボッチャボールは2つの系統に分かれます。

一つは丸さを追求し高額になっていく競技用。

もう一つは丸さを気にせず大量生産し安くなるレク用です。

ほとんどの人が最初はレクボールを触ります。

下の画像のようなボールです。

上の画像は3万円以下で買えるレクボールです。

画像のボールでも丸いと言えば丸いのですがレベル的には低ランクの丸さになります。

高ランクになるほど完璧な球体に近づき高額になります。
最高ランクは1セット20万円です。最高に丸く真っ直ぐ転がります。

ただ20万円は気軽に払える額ではないと思います。

また最高ランクまでいくと性能差は微差となりビギナーには違いが分からないのもよくある話です。

かといって低ランクボールでは正しい投げ方をしてもボールが原因で曲がるので上達に限界がきます。

この「ボールのせいで曲がる」は上達したい人にとって致命的です。
分かりやすく言えば練習時間が無駄になっているのです。

「低ランクボールより明らかに性能が良く練習すればするほど上達していく」

そのような丁度良いボールがハンディライフクラシックとなります。

《最高のミドルスペック》

競技用を作るメーカーはいくつかありますが、手の届きやすい価格で競技用を提供しているのがハンディライフスポーツ社です。

特に主力商品のクラシックは素晴らしい。
毎年のように技術改良が行われ年々形が良くなっています。

「この値段でよくこれだけ丸く作れるな」と思えるほど丸いのです。

私の知る限り7万円前後でここまで丸いボールは他にありません。

《抜群の持ちやすさ》

次はクラシックの持ちやすさを解説したいと思います。

クラシックはボール表皮に日本の帝人社製合成皮革を使っています。

この合成皮革は細かい皺を人工的に作っており抜群の持ちやすさです。

クラシックをアップにしてみました。細かい皺があること分かりますでしょうか。

細かい皺のおかげでボールが指に引っかかり持ちやすくなっています。

持ちやすいボールは腕を振ってもこぼれ落ちず、ボールリリースが綺麗になります。

持ちにくさが重要になるのは子ども、女性、ご年配の方など手が小さい、握力が弱い傾向にある人です。

クラシックは優れた合成皮革製でトップクラスの持ちやすさです。※おらく世界o.1

【豆知識】
ボッチャボールの表皮は合成皮革製と天然皮革製があります。

持ちやすさで言えば合成皮革製の方が上です。
理由は合成皮革は人工的に皺を沢山作れるからです。

間違えやすいかと思いますが「天然皮革製だから高性能」は正しいとは言えません。
天然皮革製でも丸くないと曲がりますし、つるっとしているので持ちにくさがあります。

《上位球とも戦えます》

トップ選手が競う大会では20万円近い最高ランクが多い中、クラシックを使う選手もいます。

地域規模の大会であればクラシックで性能負けする心配はないでしょう。

《耐久性◎》

目立たない所ですがクラシックは耐久性にも優れます。

具体的な数字は個人の使い方によるのですが7年前のクラシックでも未だ現役です。

《ボールを丸くするハードケース》

「ソフトケースしか持ってない」という方はぜひハードケースをお求めください。

ハードケースに変えるだけで性能は大幅アップします。

参考にソフトケースはこちら↓

上の写真のソフトケースはナイロン製でボールがまとまって入っています。

低コストで作れるため低価格のボールは必ずソフトケース入りです。

対してハードケースは性能重視の本格派ケース。

硬いプラスチック製トレイに1個ずつ収納する形になります。

画像はこちら↓

ハードケースはタコ焼き器に似ています。

タコ焼き器で焼くと丸いタコ焼きが出来るわけですが、ハードケースにボールを入れておくと自然と丸くなります。

丸さは直進性に繋がる重要な要素です。

丸いボールもソフトケースだと形が崩れてしまい本来の性能を発揮できません。

ハードケースの効果は目に見えて分かりますのでハードケース入りは強くオススメです。

《もちろん公認球》

ハンディライフ社製ボールは全て国際ボッチャ競技連盟公認印入りです。

日本選手権はじめ、国際大会でも使用できる正統なボールとなります。

《お買い得!キャリパー&メジャー付き!》

ハードケースにはキャリパーとメジャーが入る収納スペースがあります。

《同時購入でお得にしました》

キャリパーとメジャーを同時購入でお安くしました。※約20%割引き

《キャリパー及びメジャーとは?》

キャリパーとメジャーは計測具です。

白ボールに近いのが赤青どっちが分からないときに使用します。

《ハードケースのタイプを選べます》

ハードケースは

ショルダー(青)
ビッグポケット・リュック(グレー)

2タイプから選べます

2タイプとも中の収納部分は同じです。

外観と持ち方でお選びください。

持ち方は

・ショルダーは手提げと肩がけの2way
・リュックは手提げと肩がけの2way

となっております。

《ビッグポケットについて》

ビッグポケットは2023年より追加された新型になります。

ビッグポケットの名前の通り、ケース前面にマチのついた収納スペースがあります。

ポケットには審判用具、ハンディライフ社製ボールトレイ6、他にはボールキャップが最大6個収納できます。

《ケース選択方法》

商品画面にてケースタイプをご選択ください

《硬さミックスについて》

こちら商品は硬さミックスです。

ボールの硬さを1球ずつ細かく指定できます。

硬さは6段階から選べます

スーパーソフト
ソフト
ミディアムソフト
ミディアム
ミディアムハード
ハード

《組み合わせ例》

ボールは柔らかいほど狙いに寄せるアプローチが簡単になります。
よってスーパーソフトまたはソフトを中心に構成するのがベターです。

硬いボールであるミディアムハード、ハードは威力が出ます。
コート上のボールを押したり弾くプッシュ・ヒット用に1~2球あると便利です

【硬さ役割】
スーパーソフト,ソフト⇒アプローチ用
ミディアムソフト,ミディアム⇒中間でアプローチにもプッシュ・ヒットにも向く
ミディアムハード,ハード⇒プッシュ・ヒット用

組み合わせ例は次のようになります。

例1
ソフト8球(赤4青4)
ミディアムハード4球(赤2青2)
ジャック:ソフト

例2
スーパーソフト4球(赤2青2)
ミディアムソフト4球(赤2青2)
ハード4球(赤2青2)
ジャック:スーパーソフト

【スーパーソフトについて】
トップ層が使う戦略で「ジャック投げてのファーストショットにクラシックのスーパーソフトを使う」というものがあります。
クラシックのスーパーソフトは世界トップクラスのグリップ力があり動かないボールです。
最初の1球目でスーパーソフトをジャックにピタ付けすればかなり有利という戦略です。

※ここにある組み合わせは一例です。みなさまのプレースタイルに応じて柔軟に組み合わせていただければと思います。

《コート端まで届かない場合》

全力で投げてコート端まで届かない選手は硬いボールにすると届きやすくなります。

硬さミディアムやミディアムハードを中心に構成をオススメします。

コート端まで全く届かない場合は最も硬いハードを入れてください。

ハードはかなりの硬さなので僅かな力でもコート端まで届きます。

《ランプ選手の場合》

硬めのボールを多めに、必ずミディアムハードまたはハードを入れておくことをオススメします。

例2
ミディアムソフト6球(赤3青3)
ミディアムハード6球(赤3青3)
ジャック:ミディアムソフト

例1
ソフト4球(赤2青2)
ミディアム4球(赤2青2)
ハード4球(赤2青2)
ジャック:ソフト

《硬さ指定方法》

「カートに入れる」を押すと購入ページに移動します。

購入ページ下に備考欄がありますので、そちらにご希望の組み合わせをご記入ください。

《進化し続けるハンディライフ社》

ハンディライフスポーツ社はデンマークにあるボッチャ用品メーカーです。

社長ジェンズ・ブローマン氏はボッチャボールの開発そのものに携わり原型を完成させました。

以降40年以上、ハンディライフ社はパラリンピック全大会で用品提供を続けるオフィシャルサプライヤーであり続けています。

ハンディライフ社の素晴らしさは研究熱心さです。

ボールをアップデートし続け、年々性能が上がり最新モデルほど高性能です。

特に2022年後半からボールの均一性が高まり直進性が良くなりました。
しかも価格はほぼ据え置き。

ハンディ社のファンは世界中におり製品は80カ国に出荷しています。

良品を適正な価格で提供してくれる優良メーカーです。

《ボッチャスーパーガイドブック付属》

・真っ直ぐ投げる方法(手投げ選手)
・真っ直ぐ投げる方法(ランプ選手)
・審判用具の使い方
・超高速ボッチャコートの作り方
・やってはいけない2ボックスコート
・子ども・初心者向けアレンジルールのコツ

などを紹介した「ボッチャスーパーガイドブック」が付属します

《商品概要》

・国際競技規格適合品
・BISFed公認印入り
・日本製合成皮革(帝人製コードレWRP-7400)仕様
・硬度を混ぜるミックス注文
・ハードケース仕様

《納期について》

ご注文日から平均2~4週間のお時間をいただいております

《インターネットでの注文がご不安のお客様へ》

電話、メール、FAXなどを使っての個別対応もいたしております。
下記にある当店連絡先までご連絡ください。

《見積り・請求書・領収書・インボイス》

見積り書、請求書に対応しております。
ご希望の方は当店まで直接お問い合わせください

当店は適格請求書発行事業者です

領収書の宛て名変更をご希望の場合は購入備考欄にてお知らせください

《当店連絡先》

メールアドレス strika@boccia-dreams.net
電話 070-8416-7139
FAX 050-3488-6814

  • レビュー

    (21)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥83,500 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品